自然環境モニタリング

--------------------------------------------------------------------------------


2014年8月20日に広島県で発生した大規模な土砂災害により、

77人もの方が亡くなられたことを受け、

人的被害を防ぐための土砂災害監視システムを開始しました。

本システムは太陽光発電による電源供給のための太陽光パネルやバッテリーと、

画像撮影、システム制御のための小型コンピュータと、

カメラにより構成されています。



本システムは、土砂災害の危険がある地点、

または増水などの前兆現象を確認できる地点に設置されており、

カメラで撮影された画像をWEB上でリアルタイムに配信し、

それを住民の方に確認していただくことで、

早期避難を実現することを目的としています。


現在広島県内6箇所に設置されており、

WEB上の 「自然災害前兆モニタリングマップ」 から現地の様子を確認することができます。


- * - 主な研究内容 - * -

<土砂災害監視システムの構築・運用>


<深層学習による土砂災害危険度検出のための画像分類>


<土砂災害監視を目的としたセンサシステムの開発>


<オーロラが電波伝搬に与える影響に関する研究>

スウェーデンのアビスコにて撮影されているオーロラの画像>>

  --------------------------------------------------------------------------------


TOP >>